ホーム > ニュース・トピックス > 羽田タートルサービスはハンドリング会社として日本初のシンガポール航空局のAirworthiness Release(AWR)ライセンス(SAR145認定)を取得しました。

ニュース・トピックス

羽田タートルサービスはハンドリング会社として日本初のシンガポール航空局のAirworthiness Release(AWR)ライセンス(SAR145認定)を取得しました。2011年11月01日

羽田タートルサービスはハンドリング会社として日本初のシンガポール航空局の Airworthiness Release(AWR)ライセンス(SAR145認定)を取得しました。

ライセンス取得後、11月1日から関西空港でLCCジェットスターアジア(シンガポール本社 )のステーションラインメンテナンスを開始しました。これにより弊社はエアラインと同じように航空機の耐空性を確認する航空機整備を行います。

また弊社は自社独自でエアラインと同等のラインメンテナンススキルと能力を保有する整備部門を持ったハンドリング会社になりました。日本に就航する航空会社のビジネスパートナーとして、一社で整備、運航を含め、空港ハンドリング業務を一括して協力が可能です。是非、弊社のメリットと優位性を活用して頂く事をお願いします。

ハンドリング会社が整備で航空機の安全を確保する新たな時代が来ました。羽田タートルサービスは部門を越えて効果的な人材登用を行なう考えを持っています。エアラインとは違う新しいエアポートビジネスの形を思考しながら進化します。私達は若い有能な人材が夢を持ち、入社してくれることを希望しています。

The Haneda turtle Service acquired the first Airworthiness Release (SAR145 Certificate)of Civil Aviation Authority Singapore (CAAS) in Japan as a handling company.The station line maintenance of LCC Jetstar Asia (Singapore Head Office) was started .
on November1 after license acquisition in kansai international airport. Thereby, HTS performs aircraft maintenance which checks the airworthiness of an aircraft like and airlines. And HTS turned into a handling company with the maintenance section which is a original with its company and hold line maintenance skill and capability equivalent to and airline.
as a business partner of the airline, which goes into commission to Japan.
including maintence,operation,airport handling business can be put in block and it can cooperate in HTS.please give me that we have the merit and perdominancy of our companyutilized by all means. The new time when a handling company bore the safety of an aircraft by maintenance came.
The Haneda turtle Service has an idea which performs effective talented-people appointment exceeding a section.
HTS evolves thinking of different new airport business from and airline. Young able talented people has a dream and we wish join a company.